経営者/個人破産ではなく個人再生を選択する理由


個人破産とは異なり、個人再生では債務はゼロにはなりません。
にもかかわらず、個人破産ではなく個人再生を選択するのは、以下の理由によります。


■1.自宅(持ち家・分譲マンション)を残したい

個人破産の場合は資産を処分する必要があるため、(賃貸でない)自宅を失うことになります。
これに対して、個人再生の場合は自宅を残すことができます。住宅資金特別条項により住宅ローンだけは全額返済して、その他の債務のみをカットするからです。


■2.資格制限を回避したい

個人破産をすると一定の資格が一定期間(約3~4ヶ月間)制限されます。主なところでは、保険外交員、警備員、宅地建物取引主任者、旅行業務取扱管理者、証券外務員などがこれに当たります。
これに対して、個人再生ではこのような資格制限がありません。


以上のように、住宅を残したい方、職業上の資格制限を避けたい方が、個人破産ではなく個人再生を選択することが多くなっています。


※個人再生には個人破産における免責不許可事由の該当するものがないというのも両者の違いの1つです。しかし,個人破産では免責不許可事由があっても裁量免責が認められるのが一般なので,それほど大きな違いとはなりません。


※時々、「破産のイメージが嫌だ」という理由だけで個人再生を選択したいという方がいらっしゃいます。しかし、個人破産と個人再生のいずれを選択してもその事実が戸籍・住民票・身分証明書に記載されたりすることはありませんし、選挙権もなくなりませんので、あくまでイメージの違いのみということになります。住宅を残したい、資格制限を避けたい、という理由以外では個人再生ではなく個人破産を選択した方が、経営者の方の生活を再出発する意味では明らかに有利となります。


会社破産に関する詳細は以下のホームページをご確認ください。
*************************************************
ホームページ 会社破産.com
(会社の破産に強い弁護士/破産手続き/安心の費用)
*************************************************
会社・法人・事業の破産・倒産・清算・廃業・整理・閉鎖

2014.08.03 | | ■個人の自己破産

«  | ホーム |  »

事務所紹介

会社破産com

タキオン法律事務所
代表弁護士
藤沢 裕一

私たちは、日々の返済と取り立てに追われ心苦しく辛い日々を送っている経営者の味方です。
まずはお気軽にご相談下さい。明るい未来を取り戻しましょう。
タキオン法律事務所では、会社破産を含む倒産手続き個人破産・個人再生を含む債務整理手続きに関して、無料法律相談を受け付けています。

 

*************************
ホームページ
会社破産.com

(会社の破産に強い弁護士/自己破産手続き/安心の費用)
**************************


■無料法律相談の予約■
24時間無料法律相談予約受付。 受付専用フリーダイヤルまでお電話ください。
(通話料は無料です。携帯電話からも無料です)
0120-8383-97
0120-[破産・破産・苦無し]

※相談予約の詳細はここをご参考ください。


■無料法律相談の実施■
平日:午前9時~午後22時
土日祝:午前9時~午後20時
土日祝・夜間も対応



代表弁護士 藤沢裕一
(東京弁護士会所属)
タキオン法律事務所
東京都港区西新橋1-21-8
 弁護士ビル706
TEL:03-6205-4216
FAX:03-6205-4217


検索フォーム

QRコード

QR


Google+ Google+