ある会社の自己破産ストーリー 第4章(初回相談4)

A社長「破産管財人というのはどういう人でどういう役割なんですか?」

タキオン「破産管財人というのは、破産会社と個人の資産の管理権限を任される、裁判所から選任される弁護士です。例えば会社やA社長に不動産などがあれば、それを処分換価して、つまり売って現金に換えて、従業員の未払い賃金や滞納税への弁済に充てたり、債権者に配当をしたりする役割です。
手続きに戻りますが、破産申立をして、その1週間後以内に裁判所から破産手続開始決定が出されて、破産管財人が選任されます。破産申立から1~2週間以内に破産管財人との面接があります。」

A社長「それは私も行くのですか?」

タキオン「はい、それはA社長とタキオン法律事務所の弁護士、そして破産管財人が集まります。場所は破産管財人の事務所であったり、東京地裁の横にある弁護士会館だったりします。」

A社長「時間はどれくらいかかりますか?」

タキオン「早ければ30分くらいで、長い場合は2時間ほどかかります。今回は会社とA社長に資産がほとんどなく、事務所の明け渡しも従業員の方々の解雇も済んでますから、30分くらいで終わると思います。」

A社長「その…、破産管財人の弁護士さんに怒られたりしますか?」

タキオン「それもみなさんからよく聞かれるんですけど、私が過去100件以上扱ってきた破産案件で、破産管財人が破産者を怒るという経験は一切ありません。破産管財人は、破産管財人という仕事だけをしている弁護士ではなくて、逆に今回の私のように破産申立代理人側も何度も経験していますので、むしろ破産者の事情をよく分かっていて、優しかったり、淡々としていたり、とにかく怒るとか叱るということはまったくありませんので安心してください。」

A社長「ほっとしました。」

タキオン「あ、ただ、一度だけ破産管財人を怒らせた方がいます。」

A社長「え?」

タキオン「遅刻です。遅刻というか、来なかったんです。面接時間に私の携帯に電話をかけてきて、『今渋滞に巻き込まれてます…あと1時間ほどかかりそうです…』と。だからその日は面接はなしになって私はとぼとぼ帰りました…。事前に『絶対に車では来ないでください。車で来る場合は1時間早く着いて近くの喫茶店でお茶をするなどしてください』と、ちょっといい加減な方だったので注意しておいたんですが…。あれは困りましたね(苦笑)」

A社長「分かりました。私は電車ですし、時間は絶対に厳守します。」

タキオン「はい、時間厳守だけはお願いします。それで、破産管財人面接の次ですが、その2~3ヶ月後に債権者集会というのが東京地裁で行われます。それにもA社長の出席が必要です。つまり、A社長の出席が必要なのは破産管財人面接と債権者集会の2回だけです。」

A社長「債権者集会には債権者も来るのですか?」

タキオン「債権者集会には、裁判官・破産管財人・A社長・タキオン法律事務所の弁護士・債権者が出席します。ただ、債権者といっても、銀行や信金などの金融機関はまず来ません。いわゆるお金のプロは来ないんです。来て意見を言ったりしても大して意味がないと知ってますから。で、取引先などですが、時々来る人もいます。例えば10社くらい取引先があれば、1社くらいは来ることがあります。ただ、破産管財人の報告や裁判官の進行を黙って聞いてるだけなのが実情です。極めて希に怒ったりする債権者もいますが、すぐに裁判官から止められます。」

A社長「テレビのニュースなどで債権者集会と言って、経営者が債権者から怒鳴られたり罵声を浴びたりして、経営者が土下座しているような映像を見ますが、あーいうのはないのですか?」

タキオン「ニュースなどの債権者集会(債権者説明会)は、この破産手続きの債権者集会とは違って、一定規模以上の大きな会社が説明のために任意に行うものです。負債額が数億円とか債権者が数百名の場合が多いです。全然別物ですのでご安心下さい。」

A社長「そうですか。安心しました。裁判官から怒られたりもしないんですか?」

タキオン「ないですね。東京地裁では大きな会議室みたいな債権者集会場というところで8つくらいの債権者集会が個別に小さなテーブルで同時に進行していますから、淡々と進みます。だいたい10分~20分で終了します。」

A社長「その債権者集会で破産手続きは終了ですか?」

タキオン「そうですね。ただ、ケースによってはそれで終わらず、3ヶ月後に第二回債権者集会が行われることもあります。会社の取引先が多数で、破産管財人が売掛金債権を回収し終わらなかった場合や、個人破産で不動産を所有しているときにその不動産がまだ売却できていないような場合です。今回のA社長の場合は1回だけで終わると思います。それで破産手続きは事実上は終了で、債権者への配当などがあったりする場合も、社長が出席する必要があるようなものはないです。」

A社長「なるほど。だいたい手続きの流れは理解できました。では明日の朝、全ての口座からお金を引き出して先生に連絡します。また、職場から税務署の督促状を先生にFAXして、さらに1週間以内に書類に記入してFAXします。」

タキオン「はい、ではこの会社と個人の破産事件委任契約書をしっかり読んでください。不明点があればご遠慮せずご質問してください。全てご納得いただけましたらサインをお願いします。」

(契約書を読むA社長)

A社長「はい、弁護士費用・実費の預託など全て分かりました。よろしくお願いします」

タキオン「はい、よろしくお願いします。時々、契約をしたら後は弁護士が全てやるものだと勘違いして書類など提出してくれなかったりする方がいるのですが、会社のことはA社長しか分かりませんのでご協力が必要となります。今後も私から質問などメールや電話でしますので必ずご協力ください。」

A社長「もちろんです。よろしくお願いします。」

タキオン「はい、よろしくお願いします。」




会社破産(法人破産)に関する詳細は以下のホームページをご確認ください。
*************************************************
ホームページ 会社破産.com
(会社の破産に強い弁護士/破産手続き/安心の費用)
*************************************************
会社・法人・事業の破産・倒産・清算・廃業・整理・閉鎖

2016.07.25 | | ■会社の自己破産

ある会社の自己破産ストーリー 第3章(初回相談3)

A社長「あのー、自己破産の申立までにしてはいけないこととかありますか?」

タキオン「はい、明日にでも介入通知を発送しますので、今後は一部の債権者だけに返済することは絶対にやめてください。全ての債権者への返済をしてはいけないことになります。一部の債権者だけに返済することは、偏頗弁済(へんぱべんさい)と言って禁止されています。」

A社長「え?だめなんですか?」

タキオン「はい、後で破産管財人から返済分を取り戻されますので、その債権者にかえって迷惑がかかりますし。」

A社長「そうですか…。困ったなぁ。実は付き合いの長い友人がやっている会社がうちの会社に来月末に支払う売掛金があるんですよ。20万円くらいなんですけど。それだけは支払いたいんですが…。絶対に支払うと約束もしていますし…。」

タキオン「残念ですが、それはいけません。ただ、破産手続きが全て終了した後は、債務はなくなりますが、A社長が任意で返すのは自由です。ですので、ご友人にはきちんと説明して、手続きが終わった後で、A社長が自分のお金から返すということにしたらいかがでしょうか?」

A社長「あ、そういうことが可能なんですか!?」

タキオン「はい。けっこういらっしゃいます。特にご親戚に借りたお金などは絶対に返したいという方がいます。でもそれは全て破産手続きが終了した後で、個人のお金で任意に返すということになります。」

A社長「そうですか、分かりました。友人にはきちんと説明します。
ところで、会社の破産後、私は知人の会社に雇ってもらうんですが、その給料などは返済というか(私個人の)債権者の配当のために取られたりするんですか?」

タキオン「最初の給料はいつですか?」

A社長「えーと、まだ確定してないんです。働き始めるのが来月下旬からか再来月下旬からか…。」

タキオン「大丈夫です。会社とA社長個人の自己破産を申し立てて、その1週間後くらいに『破産手続開始決定』というのが出るんです。今回の場合だと、再来月末の売掛金入金を引き出してすぐに破産申立をしますから、再来月末かその翌月の上旬です。その『破産手続開始決定』の時点で会社とA社長が持っている資産を換価して債権者に弁済・配当するというのが破産手続きです。それで、A社長の最初の給料が『破産手続開始決定』の後の場合は大丈夫です。そのままご自身のものになります。『破産手続開始決定』の前の場合でも、99万円以下の現金は自由財産といってご自身の手元に確保できますので全く問題ありません。」

A社長「そうですか、一安心です。」

タキオン「極端な話ですけど、『破産手続開始決定』が出た翌日に買った宝くじで1億円当選しても、そのお金はご自身のお手元に確保できます。」

A社長「はぁ、そういうもんなんですか。『破産手続開始決定』の前後で全然違うんですね。」

タキオン「はい。破産手続きは『破産手続開始決定』時点での財産を対象にしていますので、そうなります。
だいたいご事情は分かりましたし、ご説明も終わりましたが、何かご不明なことはありますか?」

A社長「うーん、そうですね…。あ、破産を申し立てた後の手続きの流れってどんな感じなんでしょうか?」

タキオン「はい。今回の場合、再来月末に入金される売掛金を待って直ちに破産申立をします。その1週間後以内に裁判所から破産手続開始決定が出されて、破産管財人が選任されます。」

A社長「破産申立には私も行くのでしょうか?」

タキオン「いえ、弁護士が代理しての自己破産申立の場合、今回は東京地裁ですのでA社長の出席は必要ありません。東京地裁で自己破産を申し立てたその日に即日面接といって、タキオン法律事務所の弁護士がすぐに裁判官と15分~30分ほど面接し、書類などを提出して、詳細な事情を説明します。」

A社長「あ、そうですか。裁判官って怖そうなイメージで…怒られるんじゃないかって思ってて…。」

タキオン「みなさんそう仰いますね。でも東京地裁では1日に大変な数の破産申立がありますので、事務的に淡々と進みますね。」



会社破産(法人破産)に関する詳細は以下のホームページをご確認ください。
*************************************************
ホームページ 会社破産.com
(会社の破産に強い弁護士/破産手続き/安心の費用)
*************************************************
会社・法人・事業の破産・倒産・清算・廃業・整理・閉鎖

2016.07.18 | | ■会社の自己破産

ある会社の自己破産ストーリー 第2章(初回相談2)


タキオン「ところで、滞納税はありますか?」
A社長「あります。えーと…、いくらだったっけな?額は10万円だったか20万円だったか忘れましたけど、あります。」

タキオン「そうですか。では職場に戻られましたら、滞納税の督促状のようなものを当事務所にFAXしてください。」

A社長「ええ、分かりました。」

タキオン「税務署には介入通知は送らないでおきましょう。来月末と再来月末に入金される売掛金を差し押さえられたら従業員の方々の給料を支払えませんからね。」

A社長「なるほど。そーいうことは可能なんですか?」

タキオン「はい、介入通知は絶対に送らないといけない、というものではないのです。ケースによってはどの債権者にも介入通知を送らずに2~3日の準備で会社の自己破産を申し立てることもあります。また、今回の場合のように、従業員の方々の給料を確保するために税務署にだけ介入通知を送らないということも可能なんです。」

A社長「そうですか、それは助かりますね。給料だけは何とか払ってやりたいんです。」

タキオン「そうですね。ところで、会社には、その売掛金以外の資産のようなものはありますか?例えば不動産・自動車・機械類・生命保険・ゴルフ会員権などですが。」

A社長「全くありません。保険はありましたが3ヶ月ほど前に解約して、その解約返戻金で債務を返済しました。自動車も1年前に廃車にしていますし、不動産は賃借で、機械類もリースです。」

タキオン「なるほど。会社の口座はいくつありますか?」

A社長「**信金と**銀行だけです。」

タキオン「それぞれ1つの支店だけですか?」

A社長「はい、そうです。」

タキオン「いくらか残金が入っていますか?」

A社長「そうですねぇ、**信金に数万円入っていると思います。」

タキオン「ではそれを明日朝一番に引き出しておいてください。引き出したらすぐに当事務所にご連絡をください。介入通知はその後にしますので。」

A社長「ああ、口座が凍結されたりするからですね。」

タキオン「はい、その通りです。」

A社長「**銀行の口座からもお金を引き出しておいた方がいいですか?」

タキオン「**銀行は債権者ではないので口座が凍結されるようなことはないので大丈夫です。いずれにせよ再来月末に売掛金が入金されますので、そのときにまとめて引き出しても大丈夫です。」

A社長「分かりました。私個人の口座も**信金と**銀行にあるんですけど、そちらも引き出しておいた方がいいですか?」

タキオン「はい、A社長も会社と同時に個人の自己破産を申し立てますので、引き出しておいてください。」

A社長「そうですね、分かりました。大した額じゃないですけど、明日の朝一番で全部引き出しておきます。」

タキオン「はい。ところで、会社の営業はいつ止めるご予定ですか?」

A社長「現在やっている現場が終わる来月4日で終わりにする予定です。」

タキオン「なるほど。会社の事務所もその直後あたりに明け渡すご予定ですか?」

A社長「そうですね、大家さんとは話をしてまして、来月7日に明け渡す予定です。」

タキオン「敷金はおいくらですか?」

A社長「6万円ほどですが、清掃などで返金はないようです。」

タキオン「分かりました。」

A社長「それで、再来月の売掛金入金を**銀行の口座から引き出したら会社と私の自己破産を申し立ててもらうわけですが、準備する書類などは何があるんでしょうか?」

タキオン「あ、それはこの紙(A4一枚)に全て書いてあります。えーっと、不動産や生命保険などの資産が全くないということですので、コレはいらない、で、コレもコレいらない、と。で、法人登記の全部事項証明書(登記簿謄本)の原本は今日お持ちいただいてるのでコレも大丈夫、と。そーですね、ここに○がついているものをご準備ください。会社名義の預貯金通帳、法人税申告書の控え(貸借対照表・損益計算書)のコピー直近2期分、事務所の賃貸借契約書ですね。あと、いくつか記入していただく書類がありますのでお渡ししておきます。分かる範囲で結構ですので記入して1週間以内にFAXしてください。」

A社長「わかりました。」



会社破産(法人破産)に関する詳細は以下のホームページをご確認ください。
*************************************************
ホームページ 会社破産.com
(会社の破産に強い弁護士/破産手続き/安心の費用)
*************************************************
会社・法人・事業の破産・倒産・清算・廃業・整理・閉鎖

2016.07.11 | | ■会社の自己破産

ある会社の自己破産ストーリー 第1章(初回相談1)


ある肌寒い日の夕方、建設業会社の経営者A社長が同社の自己破産のご相談に来られました。

とてもお人柄のよい感じの50代のA社長は、最初から会社の自己破産の依頼をすると決めておられました。

最初にざっとご事情を伺うと、従業員5人、負債総額約6千万円、債権者6社で、不況の煽りを受けて受注が減り、借金を返済する目処も立たず、金策の気力もなくなったので、もう会社を畳みたいとのことでした。

さらにA社長は会社の債務の連帯保証をしているので、持ち家などもないことから、ご自身も個人の自己破産をしたいとのことでした。

タキオン「なるほど。おおまかなご事情は分かりました。ところで、従業員の方々には御社の自己破産の予定を伝えていますか?」

A社長「ええ。1ヶ月前くらいですかねぇ、従業員が転職活動を早くからできるようにと、あらかじめ伝えてあります。みんな会社の事情もよく知っていて、すぐに納得してくれました。」

タキオン「そうですか。珍しいケースですね。解雇予告を1ヶ月前にしているのであれば、解雇予告手当は必要ないですね。」

A社長「なんですかそれは?」

タキオン「会社が従業員を解雇する場合、1ヶ月以上前に解雇をすることをあらかじめ通知しておく必要があるんです。例えば今日突然『今日解雇です』と言っても、1ヶ月の給料分を解雇予告手当として支払う義務があるんです。」

A社長「ああ、なるほど。うちの場合は1ヶ月ほど前に『1ヶ月後くらいには会社の自己破産をして、みんなには働いてもらえなくなるから新しい職場を見つけるように』と言ってありますから、大丈夫なわけですね?」

タキオン「はい、大丈夫です。書面ではなく口頭で通知していますが、有効です。従業員の方々が後々それを争うような場合は書面の方が確実ですが、御社の場合は従業員のみなさんがご納得しているようですので、問題はないでしょう。
ところで、従業員の方々の今月末の給料は支払い可能ですか?」

A社長「それが今すぐは無理なんですよ。ただ、来月末と再来月末の売掛金が入金されれば、従業員の給料分と先生の弁護士費用をお支払いできるんですが…。」

タキオン「なるほど。ではすぐに自己破産の申立をするんじゃなくて、来月末と再来月末の売掛金の入金を待って、それらを引き出してからすぐに自己破産の申立をしましょうか。
ところで、私の弁護士費用の他に、裁判所に納める費用として、破産管財人報酬を含めて約25万円が必要になりますが、それも大丈夫ですか?」

A社長「ええ、それも売掛金で大丈夫です。」

タキオン「分かりました。ところで、最大の債権者、この4,500万円の**信金さんですが、その売掛金が入金されるのは**信金の口座ですか?」

A社長「いえ、別の銀行です。」

タキオン「そうですか。それなら大丈夫ですね。**信金は債権者でもありますから、明日にでもタキオン法律事務所から介入通知(受任通知)を送るんですが、その時点で口座が凍結されて、引き出せなくなったりするので面倒なことになることがあるんですよ。**信金に売掛金が入金されるんじゃなくてよかったです。」

A社長「介入通知ってなんですか?」

タキオン「介入通知(受任通知)というのは、『この会社については弁護士が介入して自己破産手続き(債務整理手続き)をとりますので、今後は会社への取立行為や返済催促などは一切せず、何か要求や質問があれば全てタキオン法律事務所にしてください』という内容の通知なんです。
この介入通知(受任通知)を債権者に送れば直ちに会社に対する取立行為や返済催促が止まり、会社は返済をその時点で停止することができるんですよ。」

A社長「ああそうですか!それは助かります。最近は**信金や**リースへの返済が滞っていて、よく電話がかかってきてたので。それも止まるんですよね?」

タキオン「はい、直ちに止まります。」

A社長「そうですかー、それは助かりますね。」

タキオン「はい、催促が止まるだけでも気分的にはかなり楽になりますね。」



会社破産(法人破産)に関する詳細は以下のホームページをご確認ください。
*************************************************
ホームページ 会社破産.com
(会社の破産に強い弁護士/破産手続き/安心の費用)
*************************************************
会社・法人・事業の破産・倒産・清算・廃業・整理・閉鎖

2016.07.04 | | ■会社の自己破産

«  | ホーム |  »

事務所紹介

会社破産com

タキオン法律事務所
代表弁護士
藤沢 裕一

私たちは、日々の返済と取り立てに追われ心苦しく辛い日々を送っている経営者の味方です。
まずはお気軽にご相談下さい。明るい未来を取り戻しましょう。
タキオン法律事務所では、会社破産を含む倒産手続き個人破産・個人再生を含む債務整理手続きに関して、無料法律相談を受け付けています。

 

*************************
ホームページ
会社破産.com

(会社の破産に強い弁護士/自己破産手続き/安心の費用)
**************************


■無料法律相談の予約■
24時間無料法律相談予約受付。 受付専用フリーダイヤルまでお電話ください。
(通話料は無料です。携帯電話からも無料です)
0120-8383-97
0120-[破産・破産・苦無し]

※相談予約の詳細はここをご参考ください。


■無料法律相談の実施■
平日:午前9時~午後22時
土日祝:午前9時~午後20時
土日祝・夜間も対応



代表弁護士 藤沢裕一
(東京弁護士会所属)
タキオン法律事務所
東京都港区西新橋1-21-8
 弁護士ビル706
TEL:03-6205-4216
FAX:03-6205-4217


検索フォーム

QRコード

QR


Google+ Google+